今回は特化ブログ編のフェイズⅤとなります。

目次はこんな感じになっております。

目次!
・テレビ番組がオススメの理由
・ごちゃまぜと特化のテレビ番組の狙い方の違い
・選ぶべきテレビ番組の考え方

テレビ離れが進んでいると言われていますが、テレビはまだまだ話題が生まれ続けている媒体です。
上手く活用していきましょう。

 

それではよろしくお願いします。

テレビ番組がオススメの理由

テレビ番組が特化ブログとしておすすめの理由ですが、毎週放送されるので安定してアクセルを集めることが出来るからです。

 

また、番組によっては毎週ゲストが出演したと新しい話題が生まれる場としても優秀です。

番組にの内容としてもダイエットの内容だった場合に、そのダイエット法がSNSで拡散されて大きな話題になることもありますし、芸能人のプロポーズなどはヤフーのニュースとして取り扱われることもあります。

 

それくらいテレビ番組は大きな話題性を秘めているのです。

特化サイトとして構築していく場合には「番組名」をメインキーワードにした構成で作っていくことでライバル減り、アクセスを集めることが出来ます。

ごちゃまぜと特化のテレビ番組の狙い方の違い

ごちゃまぜブログと特化ブログでのテレビ番組の狙い方の違いについて紹介していきます。

ごちゃまぜブログ
⇒テレビに出演するゲストやダイエット法がメインキーワードになる

特化ブログ
⇒番組名がメインキーワードになる

となります。

 

特化ブログでは番組名をメインキーワードにして、どのようなことが話題になったのかを書いていくことになります。

具体的なキーワードでいうならば「番組名+○○(話題)+放送日+放送局」といった感じですね。

 

番組を見逃してしまった方や内容だけ抜粋して知りたい方向けのブログ構築方法となります。

番組名をメインキーワードにタイトルを作り、その記事の中で出演したゲストやダイエット法についても個別記事を書いて内部リンクを飛ばすことでアクセスを面で狙うこともできます。

 

番組の内容は予め番組表である程度確認することができますし、ゲストに関しても分かります。

番組放送前に事前にチェックをしておいて、放送される前に記事を準備しておくことでライバルがいない状態で記事を書くことが出でき、上位表示させることができます。

選ぶべきテレビ番組の考え方

選ぶべきテレビ番組の考え方ですが、以下のとおりになります。

  • 毎週ゲストが変わりがわり出演する番組
  • 新しい芸人がよく出演する番組
  • 話題のダイエット法や健康法をよく取り扱う番組
  • 感情の変動が起こりやすい番組

ですね。

毎回違うゲストが出演する番組はそのゲストについて予め記事を準備して書いておくことでアクセスを集めることが出来ます。

 

また、同じように話題になっている芸人がよく出演する番組も、その芸人が出るたびに話題になります。

ダイエット法や健康法なども新しい情報が出るたびに話題になるので、とにかく新しい人物や事柄を番組ないで追っていくことでアクセスを集めることが出来ます。

 

新しいことをどんどん取り入れて放送している番組を選定していきましょう。

他にも、感情の変動が起こりやすい番組もアクセスを伸ばすことが出来ます。

 

人は感情が動くことで検索する傾向にあります。

例えば

  • 感動して泣ける
  • 面白くて笑える
  • 気持ちがスカッとする

といったところですね。

 

例えば「金スマ」ではゲストが毎週変わり、感動する話がよく放送されていますよね。

他にも奇跡体験アンビリバボーや志村動物園でも感動する話がたびたび紹介されています。

 

面白くて笑える番組としては、踊るさんま御殿などはゲストも多いですし、変わった人物を見つけることができます。

 

モデルとしても人気のローラも踊るさんま御殿から話題になり今に至ります。

出演していた時点で記事を書いておけばかなりのアクセスを集めることが出来たことでしょう。

 

気持ちがスカッとする番組として有名なのが「スカッとジャパン」ですよね。

このように、感情が動きやすい番組も実際に検索されているので、リサーチして狙っていきましょう。

まとめ

今回は特化ブログ編フェイズⅤの「特化ブログ例④テレビ番組」ということで

まとめ!
・テレビ番組がオススメの理由
・ごちゃまぜと特化のテレビ番組の狙い方の違い
・選ぶべきテレビ番組の考え方

という内容となりました。

 

テレビ番組は番組表を活用することである程度先に記事を準備しておくことが出来ます。

先に記事を準備しておけるのはテレビネタと季節系のネタだけなので、上手く活用していきましょう!

 

また、完璧に理解できるまで何回も読み返してくださいね!

それでは、ここまで読んでいただきありがとうございました!