今回はごちゃまぜブログ編のフェイズⅥとなります。

目次はこんな感じになっております。

目次!
・情報収集の方法
・網羅の重要性
・ユーザー視点の重要度

ネタを選定して、キーワードを選んでライバルチェックをして上位表示できそうだと判断した場合は、タイトルを付けて情報を収集していきます。

 

トレンドで記事を書いていく場合、既に予備知識があって自分の知ってることだけで記事を書いていくのは無理があります。

 

あなたが選定したネタ、キーワードに対しての正しい情報を収集して記事にしていきましょう。

情報収集の方法

情報収集の方法は基本的には「ネット上」になります。

週刊誌でのネタ選定をした場合は週刊誌になりますね。

 

基本的な情報をネタを選定する際に目にしたネタ情報にあるので、まずはその情報を理解しておきましょう。

次に、選定したキーワードごとに情報を収集していきます。

 

例えば、4語キーワードの「石原さとみ 熱愛 前田祐二 結婚」を狙う場合、

「石原さとみ 熱愛 」

「石原さとみ 前田祐二」

「石原さとみ 結婚」

といった感じで別々に検索をかけて情報を収集していきます。

そうすることによって、それぞれのキーワードでの検索需要を満たすことが出来ますし、文字数的にも多く書きやすくなります。

 

「石原さとみ 熱愛 」

⇒石原さとみは過去にも熱愛報道があったのか?
⇒石原さとみの熱愛はどれが本当だったのか?
⇒石原さとみはどのような理由で熱愛に発展しているのか?

 

「石原さとみ 前田祐二」

⇒石原さとみと前田祐二は本当に熱愛しているのか?
⇒石原さとみと前田祐二はどこで知り合ったのか?
⇒石原さとみと前田祐二はどこで熱愛が発覚したのか?

 

「石原さとみ 結婚」

⇒石原さとみは過去に結婚していたこともある?
⇒石原さとみは結婚するならどんな男性が理想なのか?
⇒石原さとみは過去に結婚しようと思った男性はいるのか?

等など、それぞれの検索意図を知ることが出来ます。

 

「石原さとみ 熱愛 前田祐二 結婚」と検索して出てくる情報をまとめても、大手ニュースサイトと情報が全て被ってしまうことも多いですし、文字数も増やしにくくて記事を書くのも大変です。

 

できるだけ多くの情報を収集して「上手くまとめる」という方法で記事を書いていきましょう。

また、情報の収集は基本的に1ページ目にある10サイト全てを見るようにしましょう。

 

逆に10サイト以上は見る必要ありません。

10サイトの中で内容が被っているものは注目度の高い話題なので、積極的に自分のブログにも書いていきましょう。

 

グーグルは「同じものは2つもいらない」と考えていますので、自分独自の切り口でまとめた記事の方が評価が高くなります。

それぞれの2語ごとのキーワードで情報を収集して、広い視野で情報を収集していきましょう。

 

流れとしましては、

  1. 石原さとみ 熱愛で検索して1位~10位のサイトの見出しをそれぞれコピーする
  2. 石原さとみ 前田祐二で検索して1位~10位のサイトの見出しをそれぞれコピーする
  3. 石原さとみ 結婚で検索して1位~10位のサイトの見出しをそれぞれコピーする
  4. 見出しが被っているものを消していく
  5. 残った見出しをリライトする ⑥見出しごとの記事を書く

といった流れになります。

網羅の重要性

グーグルは「漏れのない被りの無い」コンテンツを求めています。

ちなみに、「漏れのない被りの無い」というのはマーケティング用語で「MECE(ミッシー)」とも呼ばれています。

 

ブログ内でミッシーできるように記事を面で狙っていくことでグーグルからの評価もあがり、上位表示がしやすくなるのです。

ポイントとしては「ブログ全体でミッシーすること」です。

 

1記事でミッシーする必要はありません。

逆に、ブログ内でタイトルが違っても同じような内容ばかり書かれていたら評価されないので注意が必要です。

 

ミッシーは「被りの無い」というところも重要視されています。

例えば石原さとみのサブキーワードで、

  • 熱愛
  • 身長
  • ドラマ一覧
  • かわいい
  • 整形
  • 彼氏
  • くちびる
  • 化粧
  • 衣装
  • 髪型

というキーワードがでてきます。

 

これらを全て、ブログ内で面で狙ってミッシーすることで総合的に上位表示がしやすくなります。

ブログ内でミッシーすれば良いので、この10個のキーワードをそれぞれの記事にすれば良いのです。

 

1記事に全てまとめる必要はないので注意してくださいね。

それぞれ記事を書いた段階で内部リンクでつなげていくようにしましょう。

 

そうすることによってブログ内でユーザーが回遊してくれるようになりますし、総合的なPVもあがります。

ごちゃまぜブログでトレンドばかり追っていると、面で狙うことをやっていないことが多いです。

 

殆どのキーワードは面で狙うことができるので、積極的にキーワードを面で狙ってミッシーしていきましょう。

ユーザー視点の重要度

ブログを書いているとどうしても「ブログを書く側」の視点に固まってしまいます。

実際のところ、キーワードで検索するのも「人」ですし、記事を読むのも「人」です。

 

ロジカルにやっていくことは非常に重要ですが、時には「検索して記事を読み側」の視点にも立つのも重要です。

ブログを書く側の視点としては、

話題になっていて注目度の高いネタはどれかな?

ネタに対して関連キーワードを洗い出そう!

キーワードに対してのライバルはいるのか?

情報収集はミッシーだ!

冒頭分は300文字程度にしておこう!

見出しにもキーワードをいれて記事内にも散りばめよう!

といった感じでとにかくテクニック的なところに視点がいきがちです。

もちろん、ブログを運営していく上でテクニックは非常に重要なものですし、スキルのベースとなるのでマスターすべきものです。

 

ただ、「スキル」といわれると、それだけでは足りません。

お客さんは「人」なので、感情もありますし、気分もあります。

 

それぞれ性格も違いますよね。

例えばラーメン屋さんを経営するに当たって、

  • スープは濃い目が人気だから濃い目だけ!
  • 平日は人が少なくて効率悪いから休日だけ!
  • お客さんとしゃべると効率が落ちるからしゃべらない!
  • スープを作るのは割に合わないからインスタント!

といった効率を集金利率のテクニックだけを求めてしまうと経営は失敗します。

 

理由は「ニーズに答えていない」のと「価値を提供していない」からです。

お金は「価値による対価」なので、価値のある情報を伝えなければ報酬につなげることは出来ません。
また、「価値」は人それぞれありますが「ニーズ」の中に存在しています。

 

つまり、記事を書いていく際にもテクニック的なところだけではなく、「ユーザーの視点」に立って「ニーズ」を知り、そのニーズに対しての価値をブログ記事を通じて伝えてあげる必要があるのです。

 

ブログの場合のニーズとは「検索意図」とも言いますね。

  • なぜの人はそのキーワードで検索しているのか?
  • その人はどのような情報があれば満足するのか?
  • その人はどんな追加情報に価値を感じてくれるのか?

といったユーザーの視点に立ってみて考えていき、記事の方に入れていきましょう。

これができるか出来ないかで報酬のステージがまた一段と変わってきます。

 

特化ブログを運営する際には必須のスキルになりますので、ごちゃまぜブログの段階でも練習していきましょう。

まとめ

今回はごちゃまぜブログ編フェイズⅥの「情報収集」ということで

まとめ!
・情報収集の方法
・網羅の重要性
・ユーザー視点の重要度

という内容となりました。

 

情報の収集は基本的にネット上でできますので、そこまで大変な作業ではありません。

記事を書く際に「1000文字も書けない…」という状況に陥りがちなので、それぞれのキーワードで多目の情報を収集しておいて、「どうやって1000文字にまとめようか…」という状態にしていきましょう。

 

人間追加するのは苦手ですが、まとめる文意は意外と得意なので上手くいくと思います。

さらに慣れてきた人はユーザーの視点に立って「価値」を提供できる情報も収集するようにしていきましょう。

 

また、完璧に理解できるまで何回も読み返してくださいね!

それでは、ここまで読んでいただきありがとうございました!