今回は物販アフィリエイト編のフェイズⅢとなります。

目次はこんな感じになっております。

目次!
・動画配信サービスとは?
・売れる動画のリサーチ方法
・動画配信サービスの注意点
・動画配信サービスのLPの作り方
・ショートLPの入れる場所と作り方

動画は配信サービスはアフィリエイトの中でも人気の案件で現在稼げているアフィエイターの中でも多くの方が一度は取り組んだことのあるジャンルとなっています。

 

動画配信サービスで月収で20~30万ほど稼いで、そこから突き抜けていった方も多いので、一度は挑戦してみる価値があるジャンルとなっています。

 

それではよろしくお願いします。

動画配信サービスとは?

まずは動画配信サービスがどのようなものなのか?というところから説明していきます。

動画配信サービスとは、ネット上でドラマや映画、アニメがストリーミグ再生できるサービスとなっています。

 

つまり、いつでもどこでも、スマホさえあれば動画が楽しめてしまうという画期的なサービスですね。

動画配信サービスの中には「どの動画でも見放題!」や「漫画も配信中!」といった違いがあるので、案件ごとにサービス内容をしっかり理解しておく必要があります。

 

動画配信サービスが人気なポイントとしては、現在放送中のドラマを見逃してしまっても、すぐに配信されて見ることが出来たり、DVD発売前に最新作が配信されるので最速で見ることもできます。

 

その他にも、映画館での料金割引が付いているサービスなど、リアルでも役に立つサービスがあったりといろいろなサービスが展開されています。

 

また、登録から30日ほど無料で利用できたりといったサービスも展開されているので、案件としてはかなり成約しやすい案件となっています。

 

注意点としては、クレジットカードが必要になり無料サービス期間を終えると勝手に課金される仕組みになっていたり、サービスによっては追加課金が必要な動画もあったりします。

 

そういったところを記事の中で隠してメリットだけを伝えると、クレームにも繋がって案件の使用停止をくらってしまうかもしれないので、ユーザーにメリットもデメリットも注意点も漏れの無いように伝えるような記事構成にしていきましょう。

売れる動画のリサーチ方法

売れる動画のリサーチ方法ですか以下のようになっています。

・現在放送中のドラマ

・現在再放送されているドラマ

・DVD発売前の人気映画

・人気シリーズの映画

・金曜日や土曜日に放送される映画

・動画配信サービスごとのランキングをリサーチする

となります。

 

一番リサーチとしてやりやすいのが「現在放送中のドラマ」ですね。

視聴率が高いドラマほど成約しやすい傾向にありますが、ライバルも強いです。

 

そのため、ドラマを選ぶ際に視聴率がそこまで高くなくても話題になっているドラマを選んでいくと良いですね。
視聴率が割りと高めの深夜放送ドラマもおすすめです。

 

DVD発売前の映画に関してもトレンドとしてDVD発売直後に成約するタイミングがあります。

最近では家にDVDプレイヤーの無い家が増えてきており、動画で見る方が増えてきていますし、DVDのレンタルよりも早い段階で作品を見ることもできます。

 

レンタルショップに行く手間もなければ返しにいく手間もかからないので、動画配信サービスはメリットが多いですね。

人気シリーズ映画ですが、こちらはシリーズに特化したサイトを作っていくと良いです。

 

例えばハリーポッターやスターウォーズといった作品ですね。

こちらも人気過ぎる作品はライバルが多いので、サイトを作る前にリサーチをかけていきましょう。

 

人気シリーズの映画は新作が発表されるたびに前作も注目されてアクセスが集まりますし、金曜ロードショーや土曜劇場で放送されるたびに過去作や関連記事等にアクセスが集まります。

 

「動画配信サービスごとのランキングをリサーチする」というのはそのままですが、それぞれの動画配信サービスごとに現在よく見られている動画がランキングとして紹介されています。

 

この視聴数ランキングを利用して、人気ドラマを狙っていくことでアクセスが集まりますし、動画配信サービスに訴求していくことができます。

 

ランキングは常に変動しているので、随時チェックして書けそうなタイトルがある場合は書いてみると良いでしょう。

動画配信サービスの注意点

動画配信サービスを訴求してく際の注意点ですが、

・動画配信サービスごとに取り扱ってはいけない動画がある

・動画配信サービスごとに無料期間が違う

・動画配信サービスごとにサービスの内容が違う

・ASPごとに単価が大きく違う

といったところです。

 

動画配信サービスはすでに多くの種類が存在しています。

大手で言えば「FOD」「U-NEXT」「HULU」といったところですね。

 

他にも「パラビ」「日テレオンデマンド」といったものもあります。

それぞれのサービスでは、取り扱っていない動画もありますし、取り扱ってはいけない動画も存在します。

 

案件を訴求する前に規約の方を事前確認するようにしていきましょう。

よく「扱っていけない作品」として言われているのが

  • ディズニー作品
  • TBSドラマ

ですね。

 

この二つはほとんどのサービスで訴求することを禁止しています。

今後も取り扱ってはいけない作品は増えていく傾向にあるので、注意していきましょう。

 

また、「作品は訴求して良いけど、”無料”という言葉は禁止」といった感じで細かい規約もありますので、漏れの無いように確認するようにしていきましょうね。

 

規約関連の話になりますが、サービスごとに無料期間が違うので注意が必要です。

「14日間無料」なのか「30日無料」なのか、で日数で表す場合もありますし、「2週間無料」や「1ヵ月無料」といった表記で表示しなければいけない場合もあります。

 

こちらも表記関連の規約を確実に読んでおきましょうね。

あと、動画配信サービスはサービスごとに様々な特徴を持っています。

 

Huluだったらば「動画全て見放題!」ですし、U-NEXTだったらば「国内配信数ナンバー1!」といった感じですね。

それぞれのサービスのセールスポイントを理解するのも大事ですし、なんでもかんでも「見放題」と言ってしまってはいけません。

 

全ての動画が見放題でないサービスに関しては「一部課金が必要動画もあります」など誤解が生まれないような生地構成を心がけるようにしていきましょう。

 

最後の「ASPごとに単価が大きく違う」ですが、動画配信サービスにかぎった話ではありませんがASPごとに単価が大きく異なっています。

 

U-NEXTひとつにとってもA社では1成約あたり「980円」でもB社では1成約あたり「1,450円」だったりと1,5倍ほど違うことも珍しくありません。

 

案件が決まった段階で複数のASPでの単価をリサーチして、単価の高いところを選んでいきましょう。

動画配信サービスのLPの作り方

動画配信サービスのクッションページの作り方ですが、登録したあとにどのようなメリットが待っているかを想像させるように作っていくと良いですね。

 

「会社での休憩時間に気軽に映画を楽しむことが出来きます」「友達と遊びに行ったときの待ち時間もドラマがあれば暇にならない!」等ですね。

 

リアリティの高い文言で想像させてあげることで成約率を上げることができます。

あとはなんと言っても「無料で見れます!」というところが一番の魅力なので、「無料体験期間中を利用して見逃した作品を今すぐ視聴しましょう!」という流れを一番良いですね。

 

魅力的な誘導文言で企業のLPに飛んでもらえるようにしていきましょう。

ショートLPの入れる場所と作り方

動画の内容を検索するユーザーは「既にその動画を見たいと思っている」属性の可能性が高いので、記事内にショートLPを用意しておくことで成約する可能性が高いです。

 

しっかりクッションページを準備して訴求しなくても良いということですね。

記事の上か真ん中には短めのショートLPを準備しておき、記事下には長めのショートLPを書いていくようにしましょう。

 

動画配信サービスの企業LPはどの案件も魅力的に書かれているので、ショートLPから企業LPに直接飛ばしても成約を結ぶことが出来ます。

 

書き方に関しては先ほど紹介した「動画配信サービスのLPの作り方」と同じで良いです。

まとめ

今回は物販アフィリエイト編フェイズⅢの「物販サイト例②動画配信サービス(VOD)」ということで

まとめ!
・動画配信サービスとは?
・売れる動画のリサーチ方法
・動画配信サービスの注意点
・動画配信サービスのLPの作り方
・ショートLPの入れる場所と作り方

という内容となりました。

 

動画配信サービスは多くのアフィリエイターが経験したことのある市場なので、一度経験しておくことをオススメします。

記事の書き方さえ出来るようになっている状態なら初心者の方でも月30~50万稼ぐことができる市場となっています。

 

作業性が高い運営が必要になるので強いアフィリエイターの方も少ないのでライバルも弱い傾向にあります。
ぜひ挑戦してみてくださいね。

 

また、完璧に理解できるまで何回も読み返してくださいね!

それでは、ここまで読んでいただきありがとうございました!