今回はアドセンス取得用ブログ編となります。

目次はこんな感じになっております。

目次!
・アドセンス用ブログの考え方
・アドセンス取得のための設計図
・アドセンス取得のためのライティング
・アドセンス用ブログを作る際の注意点

アドセンス取得用ブログについての考え方や、実際の作り方について詳しく解説していきます。

それではよろしくおねがいします!

アドセンス用ブログの考え方

ブログでの収益の作り方は2種類あり、「グーグルアドセンス」と「アフィリエイト」があるというお話をしていますよね。

 

初心者におすすめなのが「グーグルアドセンス」となっていますので、まずはグーグルアドセンスの取得からスタートしていきましょう。

 

グーグルアドセンスを取得する上で一番重要なことは「価値のある情報をユーザーに届けること」

コレに尽きます。

 

最近では個人の日記のようなものでは審査が通りにくくなってきており、誰かの為になる内容をしっかり書いていかないと審査に通らないようになってきています。

 

「そんな価値のある記事なんて書けないよ~!」という方もいるかと思います。

でも大丈夫です!

あなたが今まで経験してきたお仕事のことや、趣味のことを記事にしていけば良いだけです。

 

例えば、僕はトランペットを高校生の頃から吹いていますが、

  • トランペットの吹き方
  • 有名なトランペットプレイヤー
  • トランペット吹きにおすすめの曲

等々、トランペットに関してならいくらでも語ることが出来ます。

 

趣味がない場合は今まで経験したお仕事の内容を書いていきましょう。

例えば、元銀行員だったらば、

  • 銀行員の必須アイテム
  • 銀行員の産休や育児休暇について
  • 銀行員のリアルな給料事情
  • 銀行員になる方法

等々、書けるかと思います。

 

元動物看護師だったらば、

  • 犬が咳をする時に病気の種類について
  • 病院で猫を落ち着かせる方法
  • 鳥の病気を対策方法
  • 動物看護師になる方法

等々、自分の体験談を基に書くことが出来るので、いくらでもかけますよね。

 

このように、自分が他の人に比べて多くの体験をしてきたことを書いていくことでアドセンスの申請を通過することが出来ます。

 

アドセンスを取得する為の塾もたくさんあって、そういった塾に10万円払って受講する方も多いです。

また、「1年間アドセンス取得に挑戦していますがとれません」と言った方も珍しくありません・・・。

 

その一番の原因となっているのが”設計図を書けていないから”です。

アドセンスを取得するのにも「価値の提供」が必要になってくるので、適当に作ったブログでは審査を通ることはできません。

 

自分が知識を持ってるものでしっかり設計図を作ってアドセンス申請のブログを作っていきましょう。

アドセンス取得のための設計図

ブログの方向性が決まったら、設計図を作って行きましょう。

家を建てるときも設計図があり、設計図がしっかりしていないと地震で倒れてしまったり、傾いてしまいます。

 

車も同じで、設計図がしっかりしていないと燃費も悪いですし、最悪運転中に大破してしまいます…。

実はブログもこれらと同じで”設計図がかなり重要”になってきます。

 

設計図で失敗してしまうとアドセンスの取得もできませんし、もし取得できたとしても時間がかかってしまったり、かなりの記事数が必要になってきてしまいます。

 

ここでは設計図の具体的な作り方も紹介していきますので、まずが設計図を作って行きましょう!

具体的な設計図の作り方

まずは設計図を作る際に大黒柱となる、いつのキーワードを決めましょう。

僕の趣味であるトランペットのブログだったらば、「トランペット」。

元銀行員のブログだったらば、「銀行員」。

動物看護師のブログだったらば、「動物看護師」。

となります。

 

非常にシンプルです。

ここでは例として「銀行員」で設計図を解説していきます。

 

まずは、ヤフーにてメインのキーワードとして決めた「銀行員」で検索をかけてみましょう。

実際に検索してみたところ、このようなキーワードが出てきます。

  • 銀行員 年収
  • 銀行員 辞めたい
  • 銀行員 転職
  • 銀行員 資格 
  • 銀行員 女性
  • 銀行員 仕事内容
  • 銀行員 転職先
  • 銀行員になるには
  • 銀行員 出向
  • 銀行員 彼氏

となります。

 

ヤフーで検索して出てくるキーワードは「虫眼鏡キーワード」と呼ばれており、実際にユーザーが検索をしているキーワードとなります。

 

設計図とは、このように”実際に検索されているキーワード”を使ってタイトルを作っていくものとなります。

タイトルに対する答えを記事の中に入れ込んでいくことでユーザーに価値を伝えていきます。

 

参考に、銀行員で出てくるキーワードでタイトルを作るとするならば、

  • 銀行員の年収の平均は?20代から40代の給料事情!
  • 銀行員を辞めたいと思う理由!人間関係の問題が多い?
  • 銀行員に転職する方法!今から目指す銀行員
  • 銀行員の必要な資格は?独学でも取れる? 
  • 銀行員の女性の悩み5選!恋愛の悩みが多い?
  • 銀行員の仕事内容!一日の業務まとめ
  • 銀行員の転職先はある?どの職なら有利に転職できるのか?
  • 銀行員になるには?学生が今から目指すのに大切なこと
  • 銀行員にとっての出向とは?
  • 銀行員の彼氏は注意?浮気の心配はある?

といった感じでタイトルを作っていきます。

 

このタイトルの集まりこそが「グーグルアドセンスを取得できる設計図」となります。

また、タイトルは20記事ほど欲しいので、「銀行員」の言い換えられるキーワードで検索してみたり、「銀行員」のサジェストキーワードも拾って書いていきましょう。

 

サジェストキーワードはグッドキーワードというツールを使うことで洗い出せるので、ぜひご活用ください。

無料で使えます。

https://goodkeyword.net/

アドセンス取得のためのライティング

ブログの方向性は決まって、タイトルも準備できて設計図が完成したら、いよいよ記事をライティングしていきましょう。

現代社会において、情報とはとても価値のあるものとなっています。

 

初心者のうちでも記事本文は少しでも価値のあるものを目指してしていきましょう。

ライティングの基本は、タイトルに対する答えを記事の中に書きつつ、自分の体験談や考えを記事の中に混ぜ込んでいくことです。

 

タイトルが「銀行員の年収の平均は?20代から40代の給料事情!」の場合は

  • 銀行員全体の平均年収(できれば過去5年ほどをまとめる)
  • 20代の銀行員の平均年収
  • 30代の銀行員の平均年収
  • 40代の銀行員の平均年収
  • 体験談や考察、感想など

といったところですね。

 

この場合は銀行員の年収の平均について検索して訪れてきてくれているユーザーなので、銀行員の年収の平均についての答えを記事に書いていく必要があります。

 

「タイトルの答え」を中心に構成していくということですね。

さらに、事実だけを並べても「価値の提供」は不足しているので、自分の考えや体験談、考察もしっかり記事に書いていきましょう。

アドセンス用ブログを作る際の注意点

実際にアドセンス取得用のブログを運営していく媒体ですが、最近では無料のブログでは審査に通りずらくなってきており、独自ドメインのワードプレスでの作成をオススメします。

 

また、書かないほうが良いジャンルとしては

アフィリエイト 

稼ぐ系 

FX 

コピペ記事 

規約に違反する記事(アダルト系 暴力的なコンテンツ 誹謗中傷 差別するもの   子供に見せれる記事)

などです。

 

アドセンスに申請する際には、最低5記事から~10記事くらいが必要になります。

その際に、1記事あたりの文字数は1000文字以上は書くようにしましょう。

まとめ

今回はアドセンス取得用ブログ編ということで

まとめ!
・アドセンス用ブログの考え方
・アドセンス取得のための設計図
・アドセンス取得のためのライティング
・アドセンス用ブログを作る際の注意点

という内容となりました。

ルールをまとめると

  • 文字数は1000文字以上
  • 訪問者にとって価値のある記事を書く
  • 画像や動画は一切使用しない
  • 広告などは貼らない
  • アドセンスのポリシーに違反しない
  • 引用、コピペは不可

となります。

ルールを守った設計図を作って、アドセンスが取れるように頑張って行きましょう。

 

また、完璧に理解できるまで何回も読み返してくださいね!

それでは、ここまで読んでいただきありがとうございました!